私はこんな風に生きていきたいと思うのです。MAOは、この見えない自転車、見えない明日、見えない道を生きていくツールだということに気がついてほしいのです。