その場の会話の収集が、後の伊丹映画のセリフとなって甦ったというわけです。