これしかなかったのかな、そうだろうなあ、と素直に思ったのです。