映画監督だった伊丹十三さんが自分探しを模索していた頃、思いついて自分と誰かの何気ない会話をカセットテープレコーダーに秘かに吹きこんでいたそうです。