初期の頃、それしか方法がなくてやっていたわけですが、やっぱり、対話かな、やっぱり座談かな、しっかりと目を合わせての、と思うわけです。