その幸せな思いに浸っている時、夕べ遅くのテレビで、「がばいばあちゃん」の島田洋七さんが言っていたことが、ふっと湧いてきたのです。