「やのくに」は、私にとって「昭和」なのかもしれません。みんなの「やのくに」になれば、と願っています。