こんなところにまで、経営というものを突きつけられる時代になったのです。