吉羽山はそれでも全然愚痴を言わずにやったという、そういうところに彼は感じる男なのです。それが結局生き様になってきているわけです。