その後に雑誌で読むと、吉羽山は相撲取りになった後、戦争に行って弾が貫通する怪我をしているのですが、それを隠してというか、その後遺症に悩まされながら相撲を取っていたので、あれが精一杯だったということを知ったのだそうです。