要するに最期にはすべての人が自分の得たものを手放すわけですから、手放す時に迷いなく安心して手放せる、何の執着もなく手放せる、ということを提案するのが、ほんとうの意味での不動産業ではないかなと思ったのです。