すると、最期に手放すモノを扱っている私は、どうも天意に反しているようなことをしているのではないかな、と思ったわけです。