このやり方がそうであるということは間違いないのだけれど、ほんとにこれが究極的なことだろうか?という疑問を常に感じていました。