私は45歳も離れた子どもから不意に「やさしくしてくれてありがとう」と言われて、不覚にも戸惑った。うれしい戸惑いだった。